本ブログへのご質問、お問い合わせ、コメント等があれば、電子メールにて matsui@matsui-glocal.com へお送りください。
情報ウェブマガジン「よりどりインドネシア」のお試し購読はこちらから→https://yoridori-indonesia.publishers.fm/
「よりどりインドネシア」のバックナンバーはこちらから→https://yoridori-indonesia.publishers.fm/backnumber/

2018年10月26日金曜日

予想より早く、インドネシアの滞在ビザを受領

今日(10/26)午後、東京のインドネシア大使館領事部へ出向いて、一時滞在ビザの発給を受けてきました。

このビザの申請をしたのが一昨日の10/24、わずか2日でビザが発給されました。

インドネシア大使館のホームページ( https://kbritokyo.jp/visa/ )の説明では、一時滞在ビザの取得に関しての記述は、次のようになっています。

・取得日数:4日(土日、両国の祝日は除く)
・申請時間:09:30-11:30(予約不要)
・支払い:15:30-16:30 (申請日の翌日)
・受領:15:00-16:30

ということは、ビザの申請、支払い、取得と、3回、出向かなければならないことになります。

今回の経験からすると、上の記述は、以下のように改訂される必要があります。

・取得日数:2日(土日、両国の祝日は除く)
・申請時間:09:30-11:30(予約不要)
・支払い:申請時に券売機で購入し、申請書と一緒に提出
・受領:14:00-16:00

出向くのは、ビザの申請と受取の2回のみ、取得は申請の翌々日、です。

受領は、個人の場合、できるだけ14時ぐらいに行ったほうが良いようです。受領の際には、受付番号をとって待つ必要はなく、直接、受付窓口へ行くほうがよいようです。というか、受付職員自身が「窓口へ直接来てください」と言うのです。

個人の場合、できるだけ14時に来たほうがいいのは、後半になると、エージェントがやってきて、個人だと受け取れなくなるからだそうです。

ビザの申請でも受領でも、書類が全て整っていたためか、何もクレームも嫌がらせもなく、とてもスムーズに進みました。職員もとても感じのいい方で、冗談もいくつか出るぐらい、和やかな雰囲気で、よかったです。

代理でビザ取得に来ていたエージェントのおじさんたちも皆、職員とは顔なじみの様子で、実に和やかな雰囲気でした。

おそらく、個人でビザの申請・取得のためにインドネシア大使館領事部へ自ら足を運ぶ方はほとんどいないかもしれませんが、機会があれば、一度、覗きに来てもいいかもしれません。

昔は、なんとなくちょっと厳かで怖そうな雰囲気だったような記憶ですが、今は、事務は事務で迅速に行われ、雰囲気はとても和やかになってきたような気がします。

ところで、今回、一時滞在ビザを取ったのは、インドネシアでも正々堂々と仕事ができるようにするためです。報酬を受けられるようにするためです。

今後は、日本のクライアントだけでなく、インドネシアのクライアントとも仕事をしていきたいと思っています。

11月12〜30日、インドネシアへ行き、まずは、今回のビザ取得のためのスポンサーと今後の活動について話し合いをし、イミグレでKITAS取得の手続きを行う予定です。どんな展開になっていくか、自分でもまだよくわかりませんが、楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿