本ブログへのご質問、お問い合わせ、コメント等があれば、電子メールにて matsui@matsui-glocal.com へお送りください。

2016年6月20日月曜日

ガンビールとの出会い(2)

ガンビールは、葉からエキスを抽出し、水分を飛ばして固形化したものをインドへ輸出しているようです。固形化したガンビールは、摂氏50度ぐらいになると容易に液体化してしまうため、扱いがなかなか難しいそうです。

パッパク・バラット県は標高1000〜1500メートルぐらいの高原地帯にあり、平地がほとんどなく、傾斜地が多い地形です。風が吹いていて、ガンビールを乾燥させるには適した気候のようです。

まず、ガンビールの葉を煮た後、葉っぱを取り除きます。


エキスを抽出した後のガンビールの葉。


ガンビールのエキスを抽出している様子を動画に撮りました。

video

抽出されたエキス。


抽出されたエキスは布袋に入れて放置し、水分を切ります。


布袋から中身を取り出すと・・・。


これを天日干しします。


雨がけっこう降るところなので、雨よけのビニールがかけられています。


これが輸出される前のガンビール。なんと、カテキンの塊なのだそうです。


作業場は上写真のような、質素な小屋がけでした。パッパク・バラット県では、こんなシンプルなガンビール加工場が農家レベルでいくつもあるとのことです。

日本から技術を入れて、このガンビール加工の効率を上げたい。そして、そのガンビールを日本へ直接輸出したい。案内してくださった県農業局の皆さんは、そう熱く語ってくれました。

0 件のコメント:

コメントを投稿